鮨の喜一の店主です。

寝ても覚めてもほぼ24時間
もっともっとおいしい鮨を提供できないか?

と考えている夫にとって鮨屋は
本当に天職だと思います。