鯖さば

鯖(サバを読む)
【意味】サバを読むとは、都合の良いように
数や年齢をごまかす事で、最近は開き直って
年齢をゴマかす事は無くなり、良いのか悲しいのか?

そうも江戸時代から使われている語句で
語源は、魚の鯖は傷みやすく捕獲量も多かったため
早口で数えられ、

実際の数とあわない事から、

いい加減に数を数える事を

「鯖を読む」と言うようになって

現在の意味に転じた説た定説となっている

そのた、子魚を早口で教える事を言う

「魚市読み(いさばよみ)」から

転じたとする説があるそうです。

by~旬の魚介百科~

効能ですが

脳を活性化する青魚の代表格と言えば、鯖!

秋ナスと同じように「秋鯖は嫁に喰わすな」と

言われたりしますが、

脂がとってものっていて美味しい時期は

晩秋から翌年2月頃まで。

10~11月のものを「秋サバ」と呼び

12~翌2月頃までの物を「寒サバ」と呼びます。

脳を活性化する青魚の代表格で

小さい頃は好まなかった鯖も

だんだんと 身体が欲しているのか

秋鯖と呼ばれて9月から11月にかけてが

一番おいしいとされる時期だそうです。

そして体内の痩せるホルモンを

増やすことが注目されている成分だそうで

毎日のように鯖を食べようかしらと思ってしまいます。

ビタミンB6やB2などのビタミン類も含まれている鯖って、

ビタミンDにも注目した方が良いかもしれません。

カルシウムの吸収をサポートすると言われるビタミンDは、

骨や歯の健康的な発育に欠かせない栄養と言う事

by~旬の魚介百科~



新着情報 喜一からのお知らせ
  • 営業時間のご案内
  •  昼|12:00~14:00 (L.O 13:30)
     夜|17:30~24:00 (L.O 23:30)
  • 日曜日の営業
     定休
  • 月曜日の営業
     祝日のみ休業、平日は営業
店主のプロフィール
座敷
メディア掲載実績