「カニば食ってもガニを食うな」?????

女将の素朴な質問

「カニば食ってもガニを食うな」?????

喜一の主人に教えてもらいました。

ガニはカニのえらのことで。

いくらカニが美味しくても、

 

エラまで食べてはいけないというで

毒ではありませんが、

寄生虫の恐れがあるからだそうです。

 

尚毛蟹の旬は冬でもあり、夏でもあります。

つまり毛蟹は一年中どこかで水揚げされているのです。

春はオホーツク海、夏は噴火(内浦)湾、

秋は釧路および根室沿岸、冬は日高沖、十勝沿岸。

 

岩手では12~3月が漁期となっているそうです。

オホーツク海は流氷が去る「海明け」(3月頃)から漁が始まり、

7月~8月頃まで続きます。

 

春先に獲れる「若ガニ」は脱皮したてで、身入りが少なく

したがってミソも少ないので、毛ガニの「通」の方は、

価格も安く、殻も柔らかく、身の甘みが最高なので「若ガニ」を好むようです。

 

若ガニは夏から秋にかけては身入りが良くカニミソも楽しめます。

次第に「堅(かた)がに」と呼ばれるものになるそうです。

 

一般的は「堅ガニ」を好む人が多く。身入りが重視され、

味は良くても「若ガニ」は敬遠されてしまい

 

初冬から年末には、

寒さから身を守るために毛ガニも脂乗りが良くなります。

 

毛蟹は、だいたい重さ400g~600g

甲羅の直径が10cm 前後のものが

美味しいとされています。

 

それ以上大きくなると「老ガニ 」といって味が落ちてしまいます。

 

毛蟹が体重500g になるのは約10年も掛かるそうで。

甲長8cm以上の雄だけの漁獲が許可されて

 

北海道産のメスは食べることは出来ないそうです。

毛蟹って貴重なんですね。



新着情報 喜一からのお知らせ
  • 営業時間のご案内
  •  昼|12:00~14:00 (L.O 13:30)
     夜|17:30~24:00 (L.O 23:30)
  • 日曜日の営業
     定休
  • 月曜日の営業
     祝日のみ休業、平日は営業
店主のプロフィール
座敷
メディア掲載実績