江戸時代の鮨屋は?

 

 

江戸時代の鮨は今と違って屋台で食べるもので

お客様は木箱に並べてられた作り置きの中から

好きな物を選んで食べていたそうです。

「江戸時代の鮨は、ちゃちゃと食べる立ち食いだったようです。

 

しかも食べたい分だけ食べたらさっと店を後にする。

江戸っ子らしいその粋な姿は、今で言うショットバーを思わせます。

更に鮨に限らず、屋台は賭場や遊郭といった男性が遊ぶ場

近辺に並ぶことが常だったようです。

 

当時は女性が外で何かを食べるのが恥ずかしい時代だったそうで

女性は折のお土産になった物をたべるか、もしくは出前でしか

鮨を口にする事が出来なかったと言われてます。

今では、くるくる寿司的でショットバーのような感じが

想像できます。

 

現在ではお店の形態が、二極化しているようで、

和食のコースの流れは

和食(会席料理・・・酒を楽しむ料理)
①先付 ・・・ 前菜
②椀物 ・・・ 吸い物
③向付 ・・・ 刺身
④鉢魚 ・・・ 焼き物
⑤強肴 ・・・ 煮物
⑥止め肴 ・・・ 原則として酢肴(酢の物)、または和え物
⑦食事 ・・・ ご飯・止め椀(味噌汁)・香の物(漬物)
⑧水菓子 ・・・果物

寿司屋はメインに鮨を出したいのでお店によって工夫しています。

会席料理では⑦の部分は季節のまぜご飯だったり

お祝いなどではお赤飯などが付きます

 

最近の高級な鮨屋やミシュランなどの☆がついているところは

比較的この会席コースに準じて出しているところが多いいようです。

更に、女性が男性に連れて行って欲しいNO1には回る寿司では無くて

会席風の出し方をした、カウンターのお鮨屋が人気です。

 

お店で 口説いてたりする様をよく見掛けますが美人が多く。

一時今日の美人さんと言うブログをあげていたぐらいです

美人を口説くには、寿司屋に限るのでしょうか?

 



新着情報 喜一からのお知らせ
  • 営業時間のご案内
  •  昼|12:00~14:00 (L.O 13:30)
     夜|17:30~24:00 (L.O 23:30)
  • 日曜日の営業
     定休
  • 月曜日の営業
     祝日のみ休業、平日は営業
店主のプロフィール
座敷
メディア掲載実績