喜一の穴子について

IMG_1111

 

穴子の主な産地は東京湾や瀬戸内海で、喜一で仕入れる穴子は

金沢八景産の30センチと言う最上級の物を使用しております。

 

アナゴは大きさによって味や舌ざわりが異なり、土地によって好みが変わりますが、

大きい物でアナゴをハモと呼ぶ東北では1メートルに及ぶものも珍しくなく

ここでは脂がのった大型が好まれます。

 

しかし江戸っ子は古くから江戸前(東京湾羽田沖)のアナゴを好み喜一では殆ど金沢八景の、

メソあるいはメソッコと呼ぶ20センチ前後の若魚の少し大きい30センチの最上物を使用しています。

メソッコを苦労して仕入れ、これをにぎるのが喜一の主人のこだわりで通人の人気を集めている。
あなご(穴子)といえば伝統的な江戸前の握りずしなどで有名ですが、

 

今では多くのスーパーや廻る寿司店などでも普通に売られています。
ただ、スーパーや廻る寿司チェーンなどで売られているあなご(穴子)の中には、
かなり中国や他の国で獲られたものが多いようで、中には穴子に似ている魚で
代用されていることあると言われます。

【効能】

あなご(穴子)にはビタミンAが非常に多く含まれます。
その量は100g中500μg位で、
1日の所要量の約90%程度に相当します。
他には、カルシウムが100g中75mg、
ビタミンB群やビタミンEも豊富に含まれています。

喜一では、主人の師匠の華屋与兵衛の弟子から受け継がれた仕込をしております。
贅沢に時間をかけて仕込をしていますので口の中でとろける美味しさでございます。

特に蒸したり煮たりした場合はビタミンAが増加するようですから
やはり煮穴子が自慢ですしお勧めでございます。

もう一種類の写真の右側は、備長の炭火でこんがり焼いしてから、ゆずを絞って
こうばしさと柚子の香りを楽しんでいただいておりまして歯ごたえがございます。




新着情報 喜一からのお知らせ
  • 営業時間のご案内
  •  昼|12:00~14:00 (L.O 13:30)
     夜|17:30~25:00 (L.O 24:30)
  • 日曜日の営業
     定休
  • 月曜日の営業
     祝日の場合はお休み頂戴します
店主のプロフィール
座敷
メディア掲載実績