桜鯛

鯛

いつもありがとうございます。

美味しそうな淡路島の鯛を、喜一の店主は仕入れてまいりました。

時期や食味に対応した呼称として、「桜鯛」(産卵期で脂が乗ったもの

本来は、寒鯛の”身が桜色”になったものを言うそうです。

春頃の鯛は確かに、5,6月ごろの「麦わら鯛」は産卵の後で美味しいとは言えない。

養殖は別です。

 

桜が咲くころの鯛を桜鯛というように、麦わらができるころ鯛を麦わら鯛と呼ぶそうです、

日本は呼び名まで情緒がございます。

 

麦わら鯛は鯛としてはいちばん悪いときで産卵し終わって 性も根も尽き果てしまっているのです。

 

桜鯛はその産卵を迎える一ヶ月前の鯛を言います。

鯛がいちばん良い時は、子を持つために栄養を貯える

1、2月頃が一番おいしいと言う人もあります。

 

このごろの鯛はほんと、見事にしっぽまで太って、刺身の鯛はとても風格すら感じます。

桜の咲く3~4月の、春がいちばん鯛がよく捕れる時期だから。

産卵するために鯛がのぼってきて、網に掛かる為。

たくさん捕れるときに“旬”という、喜一の店主の買ってくる鯛は、釣った上等のものでございます。

 

脂がノリに乗った上質のものを目利きして、桜鯛は見た目も赤いピンク色をしている。

 

そしてこの時期に鯛のすり流しを、前半にお出ししております。

 




新着情報 喜一からのお知らせ
  • 営業時間のご案内
  •  昼|12:00~14:00 (L.O 13:30)
     夜|17:30~25:00 (L.O 24:30)
  • 日曜日の営業
     定休
  • 月曜日の営業
     祝日の場合はお休み頂戴します
店主のプロフィール
座敷
メディア掲載実績