穴子の効果効能は素晴らしいです。

穴子の効果効能は素晴らしいです。
疲労回復、体力向上、眼精疲労の改善、夜盲症の予防、
生殖作用の維持、免疫力向上、感染症の予防など
1日に一回は食べたくなるほどです。

まず 穴子は、アナゴ科に分類される魚介類の一種だそうです。
真穴子(マアナゴ)、ウナギに似ていて、細長く円柱状をして背と臀鰭(しりびれ)は
尾につながっているし、ウナギ、ハモ同様に腹鰭(はらびれ)がないのを無足魚類という。
体色は環境によって異なり濃茶色とか、淡灰褐色(砂泥底)濃褐色(岩場)にわかれ
腹側は白銀色である。

側線の孔が白色点で、その情報に又疎い白点が尾にかけて1縦列に走っている。
アナゴのメスは90cm~1mであるが、オスは小さくて40~50cm前後のものである。

食用として利用されているのは浅い海に生息するマアナゴで、
日本近海の広い範囲に分布しています。

背側は茶褐色、腹側は白色をしており、オスは体長40センチメートル、
メスは体長90センチメートルほどまで成長するそうです。
夜行性のため昼間は砂泥地の穴などに潜んでいるのが特徴で、
「あなごもり」が転じて穴子と呼ばれるようになったとする説が有力です。

アナゴは、ウナギ目アナゴ科アナゴ属の海産の硬骨魚。
アナゴといってもクロアナゴ、ギンアナゴ、ゴテンアナゴなどがいて
通常食用にされるのは体長が1m前後になるマアナゴです。
喜一では40センチ前後の大きさを仕入れています。

ウナギとの違いは、アナゴは上アゴの方が大きく、
側線上に白い斑点が並んでいるので見分けられます。
アナゴも日本での漁獲量は年々減少しており、
韓国などからの輸入が増えている。

喜一では 備長炭で焼いた白焼きと、とろっととろけるように煮る煮穴子がございます、

カロリーは100gあたり・・・(マアナゴ、生)161kcal
主な成分としては、タンパク質、脂質、ビタミンA(レチノール)、
ビタミンB群(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、
葉酸、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン)、
ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ナトリウム、カリウム、
マグネシウム、カルシウム、マンガン、リン、鉄、銅、亜鉛、セレンなどを含みます。

アナゴはタンパク質はウナギを上回りますが
ビタミン類(ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンEなど)はウナギと比べるとかなり見劣りします。
ミネラル類(カルシウム、鉄、亜鉛など)はウナギとほぼ互角です。

ウナギとアナゴは似ていますが双方の栄養を比較してみました。

①タンパク質はウナギより豊富です。
②脂質はウナギの半分以下です。
③カロリーはウナギの約4割低めです
④ビタミン類はウナギの方が圧倒的に豊富。
⑤ミネラル類はウナギとほぼ互角。

体力の向上、代謝活動の促進、疲労回復に役立ちます。
それにビタミンAもウナギと比較するから少なく感じるだけで、
100gあたり500μgは魚介類の中ではトップクラスの多さです。
ビタミンA(レチノール)には目の健康を支える作用、
粘膜や肌の健康を保つ作用、生殖作用の維持、免疫力向上、
感染症を予防する作用があります。

効果効能
疲労回復、体力向上、眼精疲労の改善、夜盲症の予防、
生殖作用の維持、免疫力向上、感染症の予防と素晴らしい効能がございます。

産地によってブランド化されているものもあります。
年々、消費量が増えていることから国内産のマアナゴだけでは量が足りず、
中国や韓国などアジアの国から輸入してしのいでいるのが現状です。
勿論喜一では輸入物は一切使わず 江戸前の金沢八景のものを仕入れています。

海底に生息している習性から、穴子漁は底曳網や延縄漁で行われ、
醤油やみりん、砂糖で煮たものをネタとして供する寿司のほか、小振りのメソより少し大きめの物をあえて仕入れて
炭火でこんがりと焼く白焼きが美味しいです。

定番一年中置いてある江戸前寿司の定番です、
夏の旬の食材として親しまれています。

それにビタミンAもウナギと比較するから少なく感じるだけで、
100gあたり500μgは魚介類の中ではトップクラスの多さです。
ビタミンA(レチノール)には目の健康を支える作用、粘膜や肌の健康を保つ作用、
生殖作用の維持、免疫力向上、感染症を予防する作用があります。




新着情報 喜一からのお知らせ
  • 営業時間のご案内
  •  昼|12:00~14:00 (L.O 13:30)
     夜|17:30~25:00 (L.O 24:30)
  • 日曜日の営業
     定休
  • 月曜日の営業
     祝日の場合はお休み頂戴します
店主のプロフィール
座敷
メディア掲載実績