大間の鮪って凄い

2015.12.3jpg
喜一の女将でございます。
【夏はカツオに冬マグロ】と言うことわざがありますが

河岸で競り落とされた鮪は
喜一の旦那様が目利きして買ってきた 大間の鮪でございます。

大間の漁場は青森県の下北半島の先が大間漁港です。
津軽海峡で獲れた大間産の鮪は名実伴に一番と言われております。
この漁場は太平洋と日本海の海流が交わり、
美味しい魚の漁場でもあります。

太平洋のサンマやイワシを追ってきた鮪がこの津軽海峡でイカ、
サンマなどを食べる事により、上質な脂がのってくる訳です。

通常7月上旬~12月下旬まで操業していますが
、特に海水温が低くなる、晩秋が一番美味しいとされています。
鮨の喜一の店主(夫)は、鮪の上質な部位にあたる「カマ下一番」の部位と産地に拘り、
大間の鮪に惚れたのです。まさしくとろけるように見えますが、

しかしそんなに脂が強いと感じない深い香り脂の甘みが軽やかで、
余韻が深く食べたあとの後味がよく、
トロの脂の「くどさ」「しつこさ」が感じられません
大間の鮪はそんなわけで、特別視されてきました。

今日もあなた様にとって 素晴らしい一日になりますように、、、




新着情報 喜一からのお知らせ
  • 営業時間のご案内
  •  昼|12:00~14:00 (L.O 13:30)
     夜|17:30~25:00 (L.O 24:30)
  • 日曜日の営業
     定休
  • 月曜日の営業
     祝日の場合はお休み頂戴します
店主のプロフィール
座敷
メディア掲載実績