豊かな伏流水と米から造られる酒「手取川」

手取川

明治3年創業の吉田酒造の手取川のご紹介です。

手取川の水質及び伏流水が良質で、生産されるお米が良質であり入手が手近にでき、
空気が清澄ということもあり、明治の終わりから大正時代にかけて一時期、
山島村13箇村に10数件の造り酒屋が存在し、遠く県外にまで酒を出荷し山島酒、
手取酒として名声を博した時代があったそうです。

ただ、大正後期の大恐慌の中で廃業する酒屋が相次ぎ、
昭和10年頃には吉田酒造を残すのみとなってしまったとのこと。

それでも生き残ったのは、やはり日本酒好きのための日本酒を
日々追求している蔵だからでしょう。

お酒とそのお酒を飲むお客様のことを考えた経営理念・経営方針・行動指針からも
よくその想いが伝わってきます。

そしてその手取川は、キレがよく、米の旨さを残し喉ごしがよく飲み飽きしないお酒で
魚介類ともとってもよく合うお酒です。

お寿司にもぴったりの日本酒ともいえるでしょう。
ぜひ合わせてお楽しみください。




新着情報 喜一からのお知らせ
  • 営業時間のご案内
  •  昼|12:00~14:00 (L.O 13:30)
     夜|17:30~25:00 (L.O 24:30)
  • 日曜日の営業
     定休
  • 月曜日の営業
     祝日の場合はお休み頂戴します
店主のプロフィール
座敷
メディア掲載実績